基礎知識解説シリーズ~白衣編・白衣とは~

 

こんにちは。
台風も過ぎ去り、関東は今週雨が続くようです。気温も下がり少しはすごしやすくなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、今回は大好評の基礎知識編、白衣についてご紹介いたします。
さっそく参りましょう!

  1. 着物(白衣)とは
  2. 着物(白衣)の形
  3. 着物(白衣)の着用
  4. すずきの着物(白衣)の既製品ラインナップ

1.着物(白衣)とは

着物とも白衣(はくえ)とも呼びます。一般の浴衣と同じ形をしておりますが、僧侶用としては白い生地でつくることになっています。無染、無着、清浄の表現(*)として、法要では白衣を着て、白帯をつけて、その上に法衣や袈裟を着用します。足もとには白足袋を履きます。

*無染は愛染の、無着は執着の対語です。こだわりや囚われの無いことを表しています。
*煩悩・私欲・罪悪などがなく、心の清らかなこと。「六根清浄」。

2.着物(白衣)の形・採寸

採寸の際、身丈は、衿の付け根から床の上までの長さで測ります。別注のお仕立て(誂え)の場合は、ほかに胸囲、胴回りなど、数箇所の寸法・採寸が必要となります。(すずきでは、身長と胴回りの2つの情報だけでお仕立て致しますので、詳細をご指定される場合は、ご注文時にお知らせください。)

着物は、身丈、裄、前巾、後巾、袖丈の五ヵ所が基本寸法です。 


 

3.着物(白衣)の着用

襦袢の上に着用します。袖を通しましたら、右手側が下、左手側が上になるように前で合わせ、白帯でとめます。このとき、裾が斜めにならないように気をつけてください。

4.すずきの着物(白衣)既製品のラインナップ

お急ぎの方、リーズナブルなものをお求めのお客様には既製品をお勧めいたします。最短で翌日にはお届け致します(お届の地域や在庫状況により複数日お時間頂く事もございます)。ご覧ください。
【夏物】

【冬物】

 

上記の他にも身幅の広いB体サイズ女性用白衣白衣用の生地なども販売しております。ぜひご覧ください。
★★★白衣の関連商品一覧はこちら★★★

この記事をシェア
LINE
「コラム」の新着記事
「基礎知識解説シリーズ」の新着記事
「法衣解説シリーズ」の新着記事
おすすめの記事