法衣の基礎知識解説シリーズ~白衣編③・男女別仕立ての違いとは~

こんにちは、すずきです。
法衣の基礎知識解説シリーズ〜白衣編〜、今回のテーマは、白衣のご注文の際ご質問頂くことも多い「男物と女物の違い」についてです。
白衣には男物仕立てと女物仕立ての2種類があります。これらの主な違いについて今回はご紹介させていただきます!
両者の主な違いは以下の4つです。

  1. 主な違い①〜おはしょりの有無〜
  2. 主な違い②〜袖付けの長さ〜
  3. 主な違い③〜身八つ口の有無〜
  4. 主な違い④〜衿幅の違い〜

それでは早速、それぞれをみて参りましょう。

1. おはしょりの有無

男物には女物と違って、「おはしょり」(着物を、腰のあたりでたくし上げ、細い紐で締めてちょうどよい丈調整すること)がなくつい丈(足首までの長さ)で作ります。上の画像赤い四角の箇所、男物の方にはおはしょりがありません。
女物の「おはしょり」に相当する分は、「内揚げ」と称します。すずきではご希望によりお仕立てするときから腰の部分に縫い込んでしまうことも、そのままお納めすることもあります。

2. 袖付けの長さ

袖付とは、その名の通り身ごろに袖を縫い付けている箇所になりますが、こちらは男物のほうが女物よりも長くなっています。

3. 身八つ口の有無

男物には身八つ口がありません。
身八つ口は、女物や子供物の和服の身頃にある脇明き、またはその寸法のことです(画像矢印の先の位置に、左右についています)。袖付け下からわさ縫いまでのを指すもので、「八つ口」、「身八つ」ともいいます。

4. 襟幅の違い

男物は、棒衿といって、同じ衿巾に仕立てています。
女物は末広がりの襟で、繰り越しがある分首元に余裕を取るように仕立てられています。

すずきの白衣ラインナップ

いかがでしたでしょうか。
すずきでは男物仕立ての白衣も、女物仕立ての白衣も既製品として取り揃えております。お急ぎの方、リーズナブルなものをお求めのお客様には既製品をお勧めいたします。最短で翌日にはお届け致します(お届の地域や在庫状況により複数日お時間頂く事もございます)。ご覧ください。
【夏物】

【冬物】

上記の他にも身幅の広いB体サイズ女性用白衣白衣用の生地なども販売しております。ぜひご覧ください。
★★★白衣の関連商品一覧はこちら★★★

この記事をシェア
LINE
「コラム」の新着記事
「基礎知識解説シリーズ」の新着記事
「法衣解説シリーズ」の新着記事
おすすめの記事